OPEC、原油供給増に備える-イランとイラクが増産計画

石油輸出国機構(OPEC)が5日にウィー ンで開く総会では、世界的な原油の供給過剰抑制に向けた減産ではな く、増産をめぐる議論が中心になりそうだ。

イラク石油相は3日、同国最大の産油地帯では過激派組織「イスラ ム国」との戦闘は行われていないため、今月の原油輸出は増加すると予 測。イラン石油相はOPECに対し、同国への制裁が解除される際には 増産の余地をつくるよう要請した。供給の増加が予想されるとして、英 BPの最高経営責任者(CEO)は価格が「軟調」な状態が続くとの見 通しを示している。

OPECは数カ月にわたって目標を上回る生産を続け、高コスト生 産者の供給抑制を目指している。この戦略は奏功しつつあり、米国のリ グ(掘削装置)稼働数は過去最大の落ち込みを示し、世界の石油各社は 投資計画を数十億ドル削減。対照的に、OPECの一部加盟国は今週、 増産に向けた計画を表明した。

KBCエナジー・エコノミクスのシニアアナリスト、エーザン・ユ ールハク氏は電話インタビューで、「サウジアラビアは生産を大幅に増 やしており、イラクは依然として今年のOPECによる増産の最大部分 を占める可能性が高い」と指摘。「イラクはここ数年、多額の投資をし ており、欧米諸国の専門技術に助けられ、生産を増やす見通しだ」と述 べた。

原題:OPEC Braces for More Oil as Iran, Iraq Declare Plans to Expand(抜粋)

--取材協力:Wael Mahdi、Bill Lehane、James Herron、Jake Rudnitsky、Golnar Motevalli、Maher Chmaytelli、Angelina Rascouet、Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE