オバマ米大統領:中国から打診-将来のTPP参加の可能性で

オバマ米大統領は3日、同国公共メディアの ラジオ番組のインタビューで、日米など11カ国が交渉中の環太平洋連携 協定(TPP)に中国がいずれ参加する可能性があるとの認識を示し た。

大統領は、中国からTPP参加に関して問い合わせがあったことを 明らかにするとともに、中国が加わらない場合でも、TPPに盛り込ま れる内容を同国が尊重するよう圧力をかけることになり、米国に利益を もたらすだろうと語った。

オバマ大統領は、TPP交渉妥結の前提条件となる大統領貿易促進 権限(TPA)法案の議会通過を目指し、通商協定締結に懐疑的な与党 民主党議員に法案可決を働き掛けている。

大統領は「中国側は既に、将来のある時点でのTPP参加の可能性 に関して打診を始めた」と指摘。中国の参加を促すかどうかには言及し なかった。ホワイトハウスの報道官もこの件に関連した質問に返答して いない。

原題:Obama Says China Showing Interest in Asia-Pacific Trade Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE