欧州株:ほぼ変わらず-ギリシャ株上昇、債務協議の進展に注目

3日の欧州株式相場はほぼ変わらずとなっ た。ギリシャの債務協議がまとまるかどうかが注目されている。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.1%安の395.93で終了。ギ リシャ合意に向けた信頼し得る見通しはまだないとの欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁の発言を受けて、同指数は一時0.9%高から反 落した。ただ、ギリシャのアテネ総合指数は約1カ月ぶりの大幅高とな る4.1%の値上がり。この上昇率は西欧市場の主要株価指数の中で最 高。

バークレイズのウェルスマネジメント部門で株式戦略責任者を務め るウィリアム・ホッブス氏は、「ギリシャ協議に関して市場はあまりに も楽観していた可能性はある」とした上で、「土壇場で合意に至るのは 可能だと当社はまだ考えている。恐らくは最後の救済といった格好にな り、いかなる妥協もギリシャ側が行わねばならない。ギリシャ政府の資 金が枯渇しつつあるので、協議の最終段階に近づいているのは間違いな い」と語った。

ギリシャのチプラス首相は同国が受け入れ可能な合意を目指し、債 権者らには現実的になるよう求めると語った。同首相は3日夜にユンケ ル欧州委員長とブリュッセルで会談に臨む。

個別銘柄では、オランダの小売りロイヤル・アホルドが5.9%、同 業でベルギーのデレーズ・グループが7.4%それぞれ上げた。スイスの 銀行、クレディ・スイス・グループは3.9%上昇。一方、ケーブルテレ ビ(CATV)企業などを傘下に置くアルティスは2.6%下げた。

原題:Europe Shares Little Changed as Investors Weigh Greek Prospects(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE