ダイモン氏がビリオネアの仲間入り-銀行経営者として異例

シティグループの誕生に立ち会いながら、追 放の憂き目に遭うなどした後に、JPモルガン・チェースを業界首位に 育て上げたジェイミー・ダイモン氏の個人資産が、10億ドル(約1240億 円)を突破した。同氏は世界最大級の銀行2行での仕事を通じビリオネ アの仲間入りを果たした。

ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、JPモルガンの株価が 上場来高値に近づいたことから、同行の最高経営責任者(CEO) を2005年末から務めるダイモン氏(59)の純資産が約11億ドルに達し た。JPモルガンの株式4億8500万ドル相当やシティグループの株式売 却資金を基にした投資ポートフォリオなどが同氏の資産。

ダイモン氏の資産規模は異例だ。同氏がかつて師と仰いだシティグ ループのサンフォード・ワイル名誉会長は例外だが、これほど多くの資 産を積み上げた銀行経営者はほとんどいない。金融業界の大半のビリオ ネアは自ら事業や投資会社を設立した人物で、ヘッジファンド界の大物 ジョージ・ソロス氏の資産は285億ドル、ブラックストーン・グループ 共同創業者のスティーブ・シュワルツマン氏は134億ドルだ。

ニューヨーク大学スターン経営大学院のロイ・スミス教授は「銀行 のCEOがビリオネアになる可能性はヘッジファンドやプライベートエ クイティ(PE、未公開株)投資会社を進路に選ぶ者と比べずっと低 い。ウォール街のCEOは訴訟や規制に対応する必要があり、トップの 座にある期間も比較的短い」と述べた。同教授はゴールドマン・サック ス・グループの元パートナー。

ダイモン氏はゴールドマンなどの企業からの仕事の誘いを断 り、1982年にワイル氏がいたアメリカン・エキスプレス(アメックス) に入社。両氏はその後、ボルティモアを拠点としていたコマーシャル・ クレジットの経営権取得を皮切りに、業界再編につながる買収を進 め、98年には当時の世界最大の金融機関となるシティグループを誕生さ せた。

JPモルガン広報担当のジョー・エバンジェリスティ氏によると、 ダイモン氏は自身の資産についてコメントを控えた。

原題:Jamie Dimon Becomes Billionaire Ushering in Era of the Megabank(抜粋)

--取材協力:Caleb Melby.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE