元TPGのウォン氏、アジア株ヘッジファンドを計画-関係者

ニューヨークのヘッジファンド、TPGアク ソン・キャピタル・マネジメントの香港在勤パートナーだったウェズリ ー・ウォン氏がロング・ショート戦略に基づくアジア全般を対象とする 株式ヘッジファンドを始める計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにし た。

情報は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれ ば、ウォン氏の運用会社オックスボウ・キャピタル・マネジメント (HK)への支援と同氏のヘッジファンドに対する1億5000万ドル (約185億円)の投資をめぐり、ニューヨークを本拠とするリザブワ ー・キャピタル・グループとの話し合いは進展している。リザブワーが アジアを拠点とする新興ヘッジファンドの始動に投資するのはこれが初 めてとなる。

ウォン氏は最高執行責任者(COO)のビシャル・トゥラニ氏ら8 人でチームを組む計画を進めている。トゥラニ氏は規制に基づく制約を 理由にコメントを控えた。ウォン氏は約9年務めたTPGアクソン を2014年に退社した。

原題:Former TPG-Axon Partner Wong Said to Start Pan-Asia Hedge Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE