PIMCOトータル・リターンファンド、5月は27億ドル流出

米パシフィック・インベストメント・マネジ メント(PIMCO)の旗艦ファンド「PIMCOトータル・リター ン・ファンド」では5月、顧客による資金引き揚げの動きが緩やかにな り、2014年7月以降で最も少ない額にとどまった。

PIMCOによると、トータル・リターン・ファンドの5月の資金 流出は27億ドル(約3350億円)と、4月の56億ドルや3月の73億ドルを 下回った。同ファンドの運用資産額は1073億ドルと、ピークだった13年 4月の2930億ドルから63%余り減少している。

ビル・グロース氏が昨年9月26日にジャナス・キャピタル・グルー プに移籍して以降、トータル・リターン・ファンドは過去最大の資金流 出に見舞われている。同ファンドは世界最大の債券投資信託という呼称 を4月末時点で失った。現在、同ファンドはスコット・マザー、マー ク・キーセル、ミヒル・ウォラーの3氏が運用を手掛けている。ブルー ムバーグのデータによると、年初来リターンはプラス1.3%と、同種の ファンドの82%を上回っている。

原題:Pimco Clients Pulled $2.7 Billion From Total Return Last Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE