ブラジル株:2カ月ぶり大幅高、指標を好感-景気懸念が後退

2日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が上昇。4月の鉱工業生産が予想より小幅な減少にとどまったこ とが好感され、世界の主要株価指数で最も大きな上げとなった。

ボベスパ指数はこの2カ月で最大の値上がり。ブラジル経済がさら に鈍化するとの懸念が和らいだ。商品関連株を中心に、MSCIブラジ ル指数を構成する10業種全てが値上がりした。

25億ドル(約3100億円)相当の100年債を発行したブラジル石油公 社(ペトロブラス)は続伸し、2日間の上昇率が4.1%となった。新興 国の企業による100年債の発行は1997年以来。

レローザ・インベスチメントスのアナリスト、ビトル・スザキ氏は 電話インタビューで、「ムードは良くなっている」と述べた。

ボベスパ指数の終値は前日比2.3%高の54236.43。鉄鉱石生産で世 界最大手のヴァーレが指数上昇に最も大きく寄与した。

原題:Surprising Output Sparks Best Gain in World for Brazilian Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE