米映画会社や欧州の有料放送局、EUが競争法違反と判断も

20世紀フォックスなど米映画会社や欧州連合 (EU)の一部大手有料テレビ会社は、映画のライセンス契約をめぐり EU競争法に違反しているとの判断を受ける可能性がある。規制当局は こうした契約が国際競争を阻んでいると主張している。

EUの規制当局は異議告知書を映画会社5社および放送局5社に早 ければ来月にも送付する可能性がある。事情に詳しい関係者3人が匿名 を条件に明らかにした。

対象となっている他の映画会社はタイム・ワーナーのワーナー・ブ ラザーズ部門、ソニー・ピクチャーズ、コムキャストのNBCユニバー サル・メディア、バイアコムのパラマウント・ピクチャーズ。

原題:Hollywood’s Pay-TV Curbs Said to Face EU Antitrust Complaint(抜粋)

--取材協力:Kristen Schweizer、Rodrigo Orihuela.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE