来年も米株高に、選挙年に不況避けたい金融当局-スタイフェル

米株式の強気相場は来年に入っても続くと、 スタイフェル・ファイナンシャルのストラテジスト、バリー・バニスタ ー氏は予想する。米連邦準備制度が次期大統領選挙を前にリセッション (景気後退)回避を目指すと考えられることが理由だ。

添付のチャートはブルームバーグと全米経済研究所(NBER)の 集計データを基に、S&P500種株価指数がピークに達してからリセッ ションが始まるまでの時間の間隔を示している。

1929年以来、S&P500種のピークはリセッション開始の約半年前 で、5カ月程度前後する場合もある。それを踏まえれば、2017年に見込 まれるリセッションの11カ月前に当たる16年1-3月(第1四半期)に かけて株価上昇が続くことになると、バニスター氏は5月29日のリポー トで予想した。

同氏は、現在の景気拡大の促進剤として金融政策が財政政策に取っ て代わった後、米金融当局は大きな成功を収めていると説明。「金融当 局が選挙の年にリセッションを引き起こしたい(引き起こしたと責めら れたい)と望むとは思えない」と指摘した。

原題:Recession-Averse Fed Seen Triggering U.S. Stock Gains Into 2016(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE