ヘッジファンドの農産物の売越残高が過去最高-好天で

ヘッジファンドによる農産物価格下落を見込 む売り越しが過去最高水準に達した。晴天と適度な降雨により米国の農 地がほぼ完璧な生育環境となったことが要因。

中西部全域では農作業に適した乾燥天候が続いているが、農産物の 発芽を促すのに十分な雨も降った。全ての条件がそろった生育環境は、 春季の作付けペースが平年を上回りイールド(単収)が政府予想をしの ぐ可能性を意味する。民間気象予報会社MDAインフォメーション・シ ステムズは夏季の気温について平年並みか若干低めと予想しており、農 産物の生育がさらに進む見通しだ。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、農産物11品 目の売越残高は5月26日時点で20万8561枚と、データ集計が始まっ た2006年以降で最高。前週は10万7376枚だった。

原題:Goldilocks Farm Weather Makes Hedge Funds Most Bearish on Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE