原油投機家、買い持ちと売り持ち共に減らす-OPEC総会控え

石油輸出国機構(OPEC)総会を5日に控 え、投機家による買いポジションと売りポジションが共に減少した。総 会では向こう半年間の生産目標が決定される。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば5月26日終了 週は、WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)原油相場 の下落を見込む売りポジションが買いポジションを上回るペースで減 り、買越残高は3週間ぶりに増加した。ブルームバーグがアナリストと トレーダーを対象に実施した調査によると、34人中33人が、ウィーンで 開かれるOPEC総会では引き続き価格より市場シェアが優先されると の見通しを示した。

フランスのソシエテ・ジェネラルの石油調査責任者、マイク・ウィ ットナー氏は5月29日の電話インタビューで、「米国に対し影響を及ぼ し始めたばかりの時期に、サウジアラビアが政策を変更する理由はな い」と指摘。「何らかの変更をする前に、米国の生産動向を見極めよう としている」と述べた。

原題:Speculators Temper Crude-Oil Wagers Before OPEC Meets on Output(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE