北京で屋内全面禁煙の条例施行-罰金に飲食店から不満の声も

中国・北京市で1日、公共の場や飲食店など 屋内での喫煙を全面的に禁止する条例が施行された。客が違反した場 合、高額の罰金を飲食店のオーナーに科す。

北京では1995年と2008年にも公共の場で喫煙を規制する試みが行わ れたが、いずれも成果は乏しかった。今回の条例は最高1万元(約20万 円)の罰金を科すことで、レストランやバーのオーナーが監視者の役目 を果たすことを狙う。屋内の全ての公共の場所に加えて、学校や病院の 屋外スペースも全面禁煙となる。

施行初日の1日にはレストランのオーナーから不満の声が漏れた。 北京中心部で点心店を経営するチャン・ホンフェイ氏は「オーナーに責 任を負わせるべきではない。忙しい時に全ての客を見張ることは不可能 だ」と話している。

原題:China’s Smoking Ban Sets Restaurants Against Defiant Customers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE