FRB副議長:金利ははい上がる格好に、打ち上げは間違い

米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシ ャー副議長は1日、米当局によるゼロ金利政策脱却の仕方を説明する表 現として「リフトオフ(打ち上げ)」は間違いだとの見解を示した。

トロントで金融危機に関して講演したフィッシャー副議長は質疑応 答で、投資家や報道関係者に親しまれたリフトオフという表現につい て、「想像できる中で最も誤解を招く恐れのある言葉だ」と指摘。「リ フトオフは金利が一直線に上がるというものだ。金利は上昇してから、 横ばいとなって再び小幅に上がるだろう。これはリフトオフではなくク ローリング(はい上がる)格好だ」と述べた。

当局者は最近、利上げに際しては予測可能な道筋をたどらず、最新 の経済指標を手掛かりにする方針を打ち出しており、副議長発言でもこ うした点が強調された。同副議長は先週テルアビブで、世界の成長が鈍 化すれば、引き締めペースを緩める可能性があると述べていた。

原題:Fischer, Rejecting ‘Liftoff,’ Says Rate Rises Will Be ‘Crawling’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE