米国株:上昇、製造業統計を好感-工業株やヘルスケア株高い

更新日時

1日の米国株は上昇。個人消費支出が横ばい にとどまったものの、予想を上回った製造業統計が好感された。

製薬会社ブリストル・マイヤーズ・スクイブは2.9%上昇。ヘルス ケア関連株の上げをけん引した。航空株を中心に輸送銘柄も高い。半導 体メーカーのアルテラは同業インテルによる167億ドルでの買収が好感 され、買いを集めた。

S&P500種株価指数は前営業日比0.2%高の2111.73。ダウ工業 株30種平均は29.69ドル(0.2%)上げて18040.37ドル。

ソラリス・アセット・マネジメントのティモシー・グリスキー最高 投資責任者(CIO)は「経済データがネガティブでなく、それほどポ ジティブでもなければ、それこそ市場参加者が求めているものだ」と述 べた。「この日の材料から金融当局が利上げをそれほど急いでいないこ とに確信が持てる。それが株価にとっても支援材料だ。企業買収も大き な支援材料となっている」と続けた。

ISM製造業指数

米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景況指数は市場 の予想を上回った。受注が5カ月ぶりの速いペースで伸びた。4月の米 個人消費支出(PCE)は予想外に前月比で変わらずにとどまった。

S&P500種産業別10指数のうち8指数が上昇した。工業株や公益 事業株、テクノロジー株、ヘルスケア関連株が特に上げた。一方、通信 サービス株は下落した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は0.9%上昇して13.97。5月のVIXは4.9%低下。2カ月 連続で低下した。

ヘルスケア関連株は0.4%高。ギリアド・サイエンシズは1.6%上昇 した。

アルテラは5.8%高。インテルはアルテラを167億ドルで買収するこ とで合意。今年に入って半導体業界の再編は記録的規模で進んでいる。 この日のインテルは下落した。

ソフトウエアとサービス関連企業はテクノロジー株の上げを主導し た。eベイとインテュイットはいずれも上昇、フェイスブックも値上が りした。

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーは1.8%高。住宅建設の D.Rホートンも上昇。S&Pの住宅建設株指数は0.7%高。4月の建 設支出が予想を上回ったことが好感された。

高級品ブランドのマイケル・コース・ホールディングスやコーチな ども上昇。4月の個人所得は予想を上回った。

輸送関連株は上昇。デルタ航空やユナイテッド・コンチネンタル・ ホールディングス、ジェットブルー・エアウェイズはいずれも上昇し た。

一方、エネルギー株は下落。ニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が小反落した。トラン スオーシャンは下落、チェサピーク・エナジーも安い。

原題:U.S. Stocks Climb on Data as Industrial, Health-Care Shares Rise(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE