インド株:続伸、ラーセン高い-GDP統計で利下げ観測強まる

1日のインド株式市場では指標のS&P・ BSEセンセックスが続伸。国内総生産(GDP)統計が予想を下回っ たことで、インド準備銀行(中央銀行)が2日の政策決定会合で利下げ に踏み切るとの観測が強まった。

インド最大のエンジニアリング会社、ラーセン・アンド・トゥブロ は構成銘柄の中で最大の値上がり。世界最大の製油所を所有するリライ アンス・インダストリーズは4週間ぶりの大幅高。国内最大の乗用車メ ーカー、マルチ・スズキ・インディアは続伸。5月の販売台数が約14% 増えた。

センセックスは前週末比0.1%高の27848.99で終了。先月29日の発 表によれば、2014年度(14年4月-15年3月)GDPは前年度比7.3% 増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値では7.4%増 が見込まれていた。

別のアナリスト調査によれば、39人中31人がインド中銀は政策金利 を0.25ポイント引き下げ7.25%にすると見込んでいる。

原題:India Stocks Rise for Second Day as GDP Data Spurs Rate-Cut Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE