英政府:ロイズ・バンキング株を個人投資家に放出へ-向こう1年

英政府は1日、保有するロイズ・バンキン グ・グループの株式を向こう1年かけて個人投資家に放出する方針を明 らかにした。機関投資家向けの売却プログラム延長を伴って実施する。

英財務省は電子メールで配布した声明で、ロイズ株売却プログラム を6カ月延長し今年いっぱいとする計画を示した。政府持ち分はこれま でに19%未満に減っている。同プログラムの下で政府は105億ポンド (約2兆円)余りを調達し、同行救済で注入した公的資金の半分程度を 回収した。

リテール投資家向けの株式放出計画によると、ロイズ株は最低250 ポンド相当から購入が可能で、1年以上保有した投資家にはボーナス株 が与えられる。

ロンドン時間午前8時5分(日本時間午後4時5分)現在、ロイズ 株は前週末比0.3%高の88.06ペンスで取引されている。英政府は同行株 の売却をモルガン・スタンレーに委託。「慎重かつ秩序ある」売却計画 の下、ロイズ救済時の政府購入価格1株73.6ペンスを下回る水準での放 出はない。これまでのところ平均売却価格は80ペンスとなっている。

原題:U.K. to Sell Lloyds Shares to Individuals Within 12 Months (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE