中国株:1月以来の大幅高-製造業PMIや地方債務対策観測

更新日時

1日の中国株式市場では、上海総合指数が1 月以来の大幅上昇。中国国家統計局と中国物流購買連合会が同日発表し た5月の製造業購買担当者指数(PMI)で3カ月連続で製造業活動の 拡大が示されたほか、当局が地方政府の債務への対策を講じるとの観測 が高まった。

5月の製造業PMIが50.2に上昇したことで、中航飛機(000768 CH)を中心に工業株が高い。中国当局は地方の財政構造の改善を図るプ ログラムの規模を最大で2倍に拡大することを検討していると、協議の 事情に詳しい関係者が明らかにした。華能国際電力(600011 CH)など で構成される公益株の指数は6.8%高。政府が電力会社の合併を促進す るとの期待が広がった。

上海総合指数は前週末比4.7%高の4828.74で終了。年初来の上昇率 は49%となった。指数は5月28日に6.5%下げた後に回復し、指数の30 日ボラティリティ(変動性)は約4カ月ぶりの高水準に上昇した。 CSI300指数は前週末比4.9%高。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「先週 の下落後に市場に戻って、割安株を見つけている投資家もいる。今後は 相場が上げるのに伴い、ボラティリティもさらに高まるだろう」と指 摘。「製造業PMIによって示唆された景気の安定化も地合いを支えて いる」と述べた。

香港市場でハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比1.4%高、 ハンセン指数は同0.6%高。

原題:China Stocks Rise Most Since January on PMI, Bond-Swap Optimism(抜粋)

--取材協力:Amanda Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE