NY金(29日):続伸、米成長減速で利上げへの警戒和らぐ

29日のニューヨーク金先物相場は続伸。1- 3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値がマイナス成 長となったことから、早期利上げへの警戒が和らいだ。

アライアンス・ファイナンシャル(シカゴ)のヘッドディーラー、 フランク・マギー氏は電話インタビューで、「金市場は6月利上げの可 能性に向けて準備を開始していたため、弱い数字は支援材料になる。こ のGDP統計は景気に対するネガティブなトーンを強める」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.1%高の1オンス=1189.80ドル。2日連続の上げは18日 以降で初めて。5月は0.6%上げて、月間ベースでは1月以来初の上昇 となった。

銀先物7月限は0.2%上げて16.701ドル。プラチナ先物7月限 は0.4%下落の1111.50ドル。パラジウム先物9月限は1.1%安の777.10 ドル。

原題:Gold Gains as U.S. Economic Slowdown Eases Risk of Fed Rate Rise(抜粋)