米アメックス:ギリガン社長が死亡、機中で体調不良訴え

更新日時

米アメリカン・エキスプレス(アメックス) のエド・ギリガン社長が29日、海外出張を終えてニューヨークに戻る飛 行機の中で体調不良を訴えた後、死亡した。55歳だった。ギリガン氏は ケネス・シュノールト最高経営責任者(CEO)の後継候補と目されて いた。

事情に詳しい関係者が匿名を条件に語ったところによると、ギリガ ン社長は東京出張からの帰途にあった。社長が機中で体調不良を訴えた ため社用機は緊急着陸し、同社長の蘇生が試みられたが、帰らぬ人とな った。死亡の原因については不明だという。

シュノールトCEOは従業員に宛てた書簡で、ギリガン社長と「共 に働き、彼の洞察力やリーダーシップ、熱意から恩恵を受ける幸運を得 たわれわれ全員にとって深い悲しみであり、率直なところ想像もできな いことだ。彼は当社のビジネスのほぼ全ての分野に消えることのない功 績を残した」と述べた。

ギリガン氏はニューヨーク大学の学生だった約35年前にインターン としてアメックスで働き始めた。ロンドンで同社の国際コンシューマー 事業を統括するグループ社長を務めた後、2007年に副会長、13年に社長 に指名された。ポータレス・パートナーズのウィリアム・ライアン氏ら アナリストによれば、ギリガン氏はシュノールト氏の後継者にいずれ就 任する最有力候補と広く考えられていた。シュノールト氏は01年に CEOに就任する前に社長を務めていた。

原題:Ed Gilligan, AmEx President, Dies at 55 on Trip From Tokyo (1)(抜粋)