米財務長官:ギリシャ合意期限、6月5日より後になる公算も

ルー米財務長官はギリシャ支援協議につい て、債権者と合意に至る期限が次の国際通貨基金(IMF)への支払い 期日よりも後になる可能性があるとの認識を示した。また前回の支払い でギリシャは「独創的」な戦略を用いたと指摘した。

ルー長官は29日、ドイツのドレスデンでの記者会見で「6月5日が 実際の期限とならない可能性がある」と述べた。

さらに「前回の期日では、IMFの特別引き出し権(SDR)を返 済に利用する独創的な方法が取られた」と指摘し、「それによって、決 定的な日が少しだけ先延ばしされた。一部返済を遅らせる可能性につい ての議論はある。6月に複数の期日を設けるのではなく、6月のより遅 い時期に一括して期日が設けられる可能性がある」と述べた。

またルー長官はギリシャ政府に対し、債権者からの支援獲得のため の「説得力ある計画」を示すよう求めた上で、双方ともに歩み寄る必要 があると述べた。

原題:Lew Says Deadline for Greek Agreement May Be Later Than June 5(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE