29日のインド株式相場は上昇。国内総生産 (GDP)統計発表を控え、銀行株と製薬銘柄の上げが目立った。指標 のS&P・BSEセンセックスは月間ベースでは2月以来のプラスとな った。

インド最大の製薬会社サン・ファーマシューティカル・インダスト リーズは5営業日ぶりに値上がり。トラクターとスポーツ型多目的車 (SUV)生産を手掛けるマヒンドラ・アンド・マヒンドラは約3週間 ぶりの大幅高。四半期売上高が予想を上回ったことが買い材料。時価総 額で国内最大の銀行、HDFC銀行も上げ、指数の上昇に最大寄与し た。

センセックスは前日比1.2%高の27828.44で終了。前月末比では 3%高となった。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト33人の調査では中央値 で、2014-15年度(14年4月-15年3月)GDPは前年比7.4%増が見 込まれている。これは中国の2014年成長率と並ぶ水準。

原題:India’s Sensex Gains Most in Week Before GDP Data as Banks Climb (抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE