NY原油(28日):小反発、米在庫が4週連続で減少

28日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が小反発。米エネルギ ー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫が4週連続で減少し、ガソリ ン在庫は今年最低水準になったことから、買いが優勢になった。

トータス・キャピタル・アドバイザーズ(カンザス州リーウッド) で177億ドルの運用に携わるマット・サリー氏は電話取材に対し、「原 油在庫の取り崩しは間違いなく今後数週間続くだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比17セント(0.30%)高い1バレル=57.68ドルで終了。一時は4月28 日以来の安値となる56.51ドルまで下げていた。

原題:Oil Rises After U.S. Crude Inventories Decline a Fourth Week(抜粋)