ブラジル株:ボベスパ、米州最大の下落-インフレ加速で

28日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が下落。米州で最大の下げとなった。指標でインフレ加速が示さ れたことで、中央銀行が追加利上げに踏み切るとの観測が高まり、衣料 小売りのエーリングなど消費関連企業の株価見通しが悪化した。

中銀がインフレに歯止めをかけるため追加利上げしたら、消費関連 企業株の先行きはさらに悪化する見通しだと、証券会社クレア・コレト ラのアナリスト、ラファエル・フィゲレード氏が指摘した。ブラジル経 済が1990年以来最も深刻なリセッション(景気後退)に向かっているに もかかわらず、中銀は5会合連続で利上げを決定している。次回会合は 来週開催される予定。

フィゲレード氏は「中銀には0.5ポイントの追加利上げ余地があ る」と指摘し、「消費関連株が打撃を受けることが予想される」と述べ た。

ボベスパ指数は前日比0.5%安の53976.28で終了。指数を構成す る66銘柄のうち45銘柄が下落した。エーリングのここ5営業日での下落 率は8.9%となった。オンライン小売りのB2Wコンパニア・ディジタ ルも下げた。バンコBTGパクチュアルの売り推奨でナシオナル製鉄が 下落率トップ。ヴァーレも安い。

原題:Faster Inflation Sparks Biggest Slide in Americas for Ibovespa(抜粋)

--取材協力:Julia Leite.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE