セントルイス連銀総裁:FOMCは利上げすべきだ-景気は改善

米セントルイス連銀のブラード総裁は景気改 善を受けて利上げすべきだと述べ、事実上のゼロ金利政策を続ければ資 産価格バブルを膨張させる恐れがあると警告した。

ブラード総裁は28日にブルームバーグラジオとのインタビューで、 「やり始める機会を手にしたら、動き出す必要がある。経済は正常に戻 りつつあるが、政策はまだ緊急時の設定だ」と指摘。「基本的には」年 内に利上げすべきだと述べ、6月の可能性の有無を問われると、最近の 経済指標が弱いためより遅い時期を見込む市場の見方は妥当だとの認識 を示した。

同総裁は「6月のデータを見たい。その上で判断を下せるだろう」 と述べた。さらに、引き締めを先送りし過ぎれば、米経済に「壊滅的打 撃」を与えてきたような資産価格バブルを膨張させるリスクがあると指 摘した。同総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)では投票権を 持たない。

原題:Bullard Says Fed Should Raise Rates as Economy Improves (1)(抜粋)