NY金:反発、5営業日ぶりに上げる-パラジウム保有は拡大

28日のニューヨーク貴金属市場で金先物相場 は反発。米経済の見通しが明るくなる中、パラジウム連動型上場取引型 金融商品(ETP)を通じたパラジウム保有は3カ月ぶりの高水準とな った。

RBCキャピタル・マーケッツの貴金属ストラテジスト、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「長期的に は、パラジウムの動向が金を上回るだろう。自動車販売が非常に良好と なる可能性があるためだ」と述べた。

パラジウム先物9月限は前日比変わらずの785.60ドルで終了。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.2%高の1オンス=1188.80ドル。

銀先物7月限は0.1%上げて16.669ドル。プラチナ先物7月限 は0.2%下落の1116.30ドル。

原題:American Car Sales Lure Cash Back to Funds Betting on Palladium(抜粋)

--取材協力:Joe Deaux.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE