ECB:ギリシャ問題で早期合意なければ波及リスク-報告

欧州中央銀行(ECB)は28日、ギリシャ救 済をめぐる合意が近いうちに成立しなければ他のユーロ圏諸国の国債利 回りが上昇するリスクがあると指摘した。

ECBは半期金融安定報告で、「必要な構造改革実施への早期合意 がなければ脆弱(ぜいじゃく)なユーロ圏諸国に市場が求めるリスクプ レミアムに対する上方向の調整圧力が顕在化する可能性がある」と分 析。「ギリシャ新政権と債権者側との長期におよび不確実な交渉プロセ スがギリシャ市場の突発的なボラティリティ(変動性)急上昇につなが った」と説明した。

同報告はまた、世界の投資家が現在の低利回りの「突然の反転」に 直面する可能性についても警告。また、銀行の収益力が弱いと指摘する とともにノンバンクセクターのリスクにも言及した。

「ギリシャをめぐる展開に対する金融市場の反応はこれまでのとこ ろ抑えられている」ものの、「利回り上昇、ドイツ債とのスプレッド拡 大というギリシャの状況はユーロ圏全体のトレンドと対照的になってい る」との認識を示した。

原題:ECB Says Contagion Risk Exists If Greek Deal Not Reached Quickly(抜粋)