個別銘柄:みずほFG続伸、アインファ急伸、日農薬安い

更新日時

28日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は以下の通り。

みずほフィナンシャルグループ(8411):前日比5.9%高の271.1円 と大幅続伸し、メガバンクの中でも上昇率が大きくなった。SMBC日 興証券の中村真一郎アナリストは、6月下旬の成長戦略に持ち合い株解 消を促す内容が盛り込まれるとの思惑があり、政策保有株リスクが最も 高く、株価のパフォーマンスもアンダーパフォームしていた同社へのプ ラス影響が大きい、と電話取材で述べた。クレディ・スイス証券は同社 が保有する普通株式などのTier1資本比率から試算した株主還元余力を 踏まえ、自社株買いは2016年3月期末にも可能になると分析した。

アインファーマシーズ(9627):11%高の4980円。16年4月期の連 結営業利益は前期比17%増の134億円を見込むと27日発表した。年間配 当予想は前期比10円増の40円。野村証券では今期は前期出店店舗の通年 寄与、被買収店舗の収益改善策が奏功すると予想、積極的な出店やM& A(合併・買収)により業界再編を主導しながら業容拡大が見込めると 指摘した。目標株価を5500円から6000円に引き上げ、投資判断「買い」 を継続した。

小野薬品工業(4528):4.6%高の1万3570円。みずほ証券は投資 判断を「中立」から「買い」に引き上げた。様々ながん腫に有効なオプ ジーボを再評価した結果、免疫チェックポイント阻害剤の中でのリード は続くと判断した。目標株価は1万3500円から1万6000円に引き上げ た。

日本農薬(4997):3.3%安の1184円。野村証券では南米での殺虫 剤販売が15年に急減速することを見込み、業績予想を下方修正した。目 標株価は1950円から1700円へ引き下げ。中期的に農薬事業が拡大すると いう見方から、投資判断については「買い」を継続した。

住友大阪セメント(5232):4.9%高の450円。JPモルガン証券は 投資判断を「アンダーウエート」から「中立」に引き上げた。同社は国 内を主戦場に構えるため、内需の底入れ確度が高まれば下落抑止力が強 まると指摘。国内のセメント需要は夏場にかけてプラス転換を予想、同 社株に関しても現状のセンチメントからの悪化は見込みにくいと分析し た。目標株価は370円から440円に変更。

日東電工(6988):1.9%高の9667円。肝硬変治療薬の患者への投 与試験を国内でも6月から開始すると28日発表。治験第Ⅰb相試験の実施 施設である北海道大学病院と現在準備を進めており、米国での治験第Ⅰa 相試験では高用量の薬剤投与でも高い安全性が示されたとしている。

川崎汽船(9107):2.2%安の313円。SMBC日興証券は投資判断 を「アウトパフォーム」から「中立」へ引き下げた。1-2月以降にコ ンテナ運賃の下落が加速していることなどから、16年3月期と17年3月 期の利益予想を下方修正した。

メガチップス(6875):11%高の1579円。みずほ証券は投資判断を 「中立」から「買い」、目標株価は1470円から2200円に引き上げた。 M&Aにより、グローバル顧客中心のASSP(特定用途向けLSI) メーカーに大きく変貌する可能性が出てきたと評価。ASSP事業をけ ん引役に来期は営業増益に転換、再来期も増益基調を維持と予想した。

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):3.2%高 の2712円。大和証券は投資判断を「アウトパフォーム」から「買い」に 引き上げた。16年3月期計画は経営陣の自信が感じられる好ガイダンス と評価。中長期での成長確度が上昇、短期でも好材料多いとし、17年3 月期に最高益を狙うと予想した。

京成電鉄(9009):2.6%安の1440円。大阪市の米映画テーマパー ク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社が東京 証券取引所に再上場する見通しになった、と米紙ウォール・ストリー ト・ジャーナルなどが報じた。京成が筆頭株主であるオリエンタルラン ド株について、バークレイズ証券では今後のネガティブカタリスト(触 媒)として、USJ上場による需給変化などを指摘した。オリランド は0.8%安。

ボルテージ(3639):12%高の1827円と、東証1部値上がり率1 位。無料通話・メールアプリのLINEが運営するゲームサービスで、 恋愛ドラマアプリの最新作「LINE 悪魔と恋する10日間 Heaven’s Kiss」を今夏から配信する、と発表した。

ライオン(4912):1.9%高の881円。クレディ・スイス証券は投資 判断「アウトパフォーム」で調査を開始した。業界トップクラスの利益 モメンタムが特長だとし、日本・アジアの高付加価値オーラルケア商品 の高い成長ポテンシャル、製造・販売体制の効率化・改善の余地の大き さも注目点とした。15年12月期営業利益予想は147億円(会社計画135億 円)、16年12月期は168億円。目標株価は1000円。

昭和電工(4004):1.8%高の173円。ウエアラブル機器用タッチパ ネル向け新素材の量産技術を大阪大学発ベンチャー企業と開発した、 と28日付の日本経済新聞朝刊が報じた。指の動きを検知する導電性フィ ルム素材で、眼鏡型端末などへの採用目指すという。

--取材協力:河元伸吾、院去信太郎.