中国の紫金鉱業、海外鉱山に880億円投資-権益を取得

時価総額で中国最大の産金会社、紫金鉱業は パプアニューギニアとコンゴ民主共和国の鉱山の権益取得で7億1000万 ドル(約880億円)を投じる。海外事業を拡大する。

紫金が26日発表した資料によれば、カナダのバリック・ゴールドが パプアニューギニアに持つポルゲラ鉱山の権益50%を2億9800万ドルで 買い取る。

紫金はカナダのアイバンホー・マインズからコンゴ民主共和国のカ モア銅プロジェクトの権益49.5%を4億1200万ドルで取得することでも 合意した。

原題:China’s Zijin Spends $710 Million on Barrick, Ivanhoe Deals (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE