半導体メーカーのアバゴ、米ブロードコムを370億ドルで買収

更新日時

シンガポールなどを拠点とする半導体メーカ ー、アバゴ・テクノロジーは、同業の米ブロードコムを買収することで 合意した。買収規模は370億ドル(約4兆6000億円)で、これが実現す れば半導体業界で過去最大となる。

28日の発表によれば、内訳は170億ドルが現金で、残り200億ドルは 株式となる。ブロードコムの1株当たりの評価額は現金で54.50ドル。 アバゴによる買収が近いとの報道を手掛かりに、ブロードコム株は27日 に2001年以来の大幅高となり、57.16ドルで取引を終了していた。

アバゴによるブロードコム買収が完了すれば、売上高で世界6位の 半導体メーカーとなる。半導体業界では製造・設計コストの増加を背景 に統合を目指す動きが活発化している。アバゴは2013年の終わりに56億 ドルでのLSIコーポレーション買収を発表するなど、業界再編の動き をけん引している。

両社の交渉が進んだ段階にあることは米紙ウォールストリート・ジ ャーナル(WSJ)が先に報じていた。

原題:Avago to Buy Broadcom for $37 Billion in Biggest Chip Deal (1)(抜粋)

--取材協力:Brooke Sutherland.