爆発的なSUV人気、中国人ドライバーの自衛本能がその理由

中国でスポーツ型多目的車(SUV)が爆発 的に売れている。中国人ドライバーの自衛本能がその理由の1つだと指 摘するアナリストもいる。

サンフォード・C・バーンスティーンが27日公表した調査リポート によれば、中国では運転マナーの悪さなどで運転中にドライバーが激高 して事件に至るケースが後を絶たず、自らの身を守ろうとする気持ちが 1-3月(第1四半期)にSUV登録が48%増えた一因だという。同期 間に登録された自動車全体の27%をSUVが占め、その割合は3年前の 倍近いとロビン・チュウ氏らアナリストは説明している。

中国の自家用車数が過去10年で10倍となる中で、路上での暴力事件 が増えている。公安省は5月、ドライバーとしての意識を運転時に高く 持つよう求める声明を出し、怒りの感情を抑えるよう呼び掛けた。四川 省で車線変更をめぐり激怒した男性ドライバーが割り込んできた女性ド ライバーを車の中から引きずり出し暴力を加える映像が国営テレビで放 送され、世論に大きな影響を与えたためだ。

香港在勤のシニアアナリストであるチュウ氏は電子メールで、「激 高するドライバーから身を守るため、思慮分別のある運転者らがSUV を購入している」とコメントした。

リポートはまた、安価なSUVの選択肢が増えたこともSUV人気 の理由に挙げた。13万元(約260万円)以下でSUVが買えるという。 中国メーカーが昨年に続き、今年も多くのこうしたモデルを投入し、外 国メーカーもこれに追随することから、競争激化が自動車メーカーの 「潜在的リターンにとっての大きなリスク」になっていると分析した。

原題:China Road Rage Fuels SUV Boom as Drivers Opt for ‘Self Defense’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE