中国:「融資平台」の債券発行要件を緩和-社債不履行続く中で

中国政府は「融資平台」と呼ばれる地方政府 の資金調達事業体(LGFV)による債券発行の規定を緩和した。景気 が減速する中、本土社債市場ではこの2カ月で3件目のデフォルト(債 務不履行)状態が今週発生するとみられている。

国家発展改革委員会(発改委)は25日付の声明で、発行証券の保証 をする上で融資平台に義務付ける資産負債比率の要件を65%に緩和した と発表した。格付け「AA+」の融資平台の場合は同比率を70%に、 「AAA」の場合は75%にそれぞれ緩和した。発改委は従来の比率につ いて明らかにしていない。

飲料容器メーカーの珠海中富実業は「流動性危機」を理由に、28日 に期限を迎える社債償還を全額は履行できないとの見通しを今週に入っ て明らかにした。本土の社債市場では4月以降、中科雲網科技集団と保 定天威集団の2社が債務を履行できず、珠海中富がこのままでは3社目 となる。

招商証券の債券アナリスト、孫彬彬氏(上海在勤)は「規定変更の 目的は成長安定化を支えることにある。景気刺激のためには公共事業へ の投資を増やさなければならない。融資平台による債券発行は今後増加 する可能性がある」と述べた。

原題:China Relaxes Rules on Local Government Financing Arm Bond Sales(抜粋)