米名門大の学長報酬、大幅増-企業首脳に近づく水準に厳しい目

米アイビーリーグを構成する名門私立大学の 学長報酬が米企業トップの水準へとさらに近づきつつある。

26日公表された納税申告書によると、コロンビア大学は2013年にリ ー・ボリンジャー学長に前年比36%増の460万ドル(約5億6600万円) の報酬を支払った。また、エール大学は学長を20年間務めたリチャー ド・レビン氏が退任した13年に850万ドルのボーナスを支払ったことを 先に明らかにした。

エリート大学の学長報酬は米企業トップの報酬にますます近づきつ つあり、パフォーマンスに連動するボーナスや退職パッケージも付くよ うになっている。こうした報酬は数十億ドル規模の組織を運営する複雑 さを反映したものだと大学側は説明するが、教授や卒業生などは非営利 組織にとってこれが適切なのかどうか疑問視している。

メリーランド州タウソンに拠点を置くヤッフの報酬コンサルタン ト、アレクサンダー・ヤッフ氏は、「メディアや寄付者、内国歳入庁 (IRS)などの高等教育の報酬に対する監視は強まっている」と指摘 した。

ボリンジャー氏の報酬は基本給117万ドル、ボーナス94万2600ドル に加え、キャンパス内の住居、大学業務に関連した運転手付きの自動車 使用などの手当や特典も含まれている。コロンビア大によると、これに は公表済みの02年までさかのぼる報酬126万ドルも入っているため、 IRSに報告した総額には一部重複があり、これは長く務めている学長 にはよくあることだという。

ジョージ・ワシントン大学の名誉学長で、報酬コンサルタントを務 めた経験があるスティーブン・ジョエル・トラクテンバーグ氏は「エリ ートのエリート化だ」と指摘。「われわれは企業文化の側面を学術界に 持ち込んでいる。かつてはなかったことだ」と述べた。

原題:Ivy League Pay Soars, Taking Cue From Corporate America (1)(抜粋)