NY銅:下落、一時4月29日以来の安値-中国需要めぐり懸念

26日のニューヨーク銅先物相場は下落。世界 最大の金属消費国、中国の需要が減退するとの懸念が広がった。

レッド・カイト・マネジメントとメイク・メタルズ・インターナシ ョナルの合弁会社で、香港に拠点を置くHFZキャピタル・マネジメン トなどのヘッジファンドは、中国当局が昨年11月から景気てこ入れに向 けて3回利下げに踏み切ったものの、今年下半期の需要は弱まるだろう と指摘した。銅相場は月間ベースで1月以来の下落となる勢い。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物7 月限は前週末比1.2%安の1ポンド=2.778ドルで終了。一時は同2.773 ドルと先月29日以来の安値を付けた。

ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ月物)は前週末 比0.9%安の1トン=6,106.50ドル。

原題:Copper Falls to Three-Week Low as Concern Mounts on China Demand(抜粋)

--取材協力:Eddie van der Walt、Agnieszka de Sousa.