米国株:下落、予想上回るデータなどで利上げ観測強まる

更新日時

26日の米株式相場は3週間で最大の下げとな った。予想を上回る経済指標や金融当局者の発言を受けて、年内利上げ の観測が強まった。

ドルの上昇を手掛かりにエネルギー株や素材株が下落。アップルや インテルなど情報技術株も売られた。ヒューレット・パッカード (HP)やグーグルも安い。タイムワーナー・ケーブル(TWC)は上 昇。ケーブルテレビ(CATV)会社のチャーター・コミュニケーショ ンズは、同業のTWCを現金と株式合わせ約550億ドルで買収する。

S&P500種株価指数は前営業日比1%安の2104.20。ダウ工業株30 種平均は190.48ドル(1%)下げて18041.54ドル。

フィラデルフィア・トラストのリチャード・シーシェル最高投資責 任者(CIO)は「米当局の政策変更の可能性は常にある」とし、「状 況は改善しているように見える。ドルも強くなっているが、現在の株式 市場では基本的に売り材料にされる」と述べた。

この日発表された経済指標ではコア資本財の受注と新築住宅販売が 市場予想を上回った。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長 は22日、景気が予想通り回復した場合は年内に利上げするとの認識を示 した。クリーブランド連銀のメスター総裁も25日、イエレン議長と同様 の趣旨の発言を行った。

フィッシャー副議長

FRBのフィッシャー副議長は25日、早期の利上げのリスクと利上 げを先送りして遅れを取り戻さざるを得なくなる危険性を当局者が比較 検討していることを明らかにした。26日の講演では、当局は利上げを開 始する上で世界の経済成長を考慮するとし、世界的に成長が悪化した場 合は米国の利上げペースはより緩やかになると説明した。

この日発表された経済指標では、4月の新築住宅販売が市場予想を 上回ったほか、20都市の住宅価格指数も前年比での上昇率が予想を上回 った。消費者信頼感指数も予想以上に上昇した。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツ(サウスカロライナ州 グリーンウッド)の最高投資責任者(CIO)、ウォルター・トッド氏 は「市場は経済データの改善を望んでいる半面、データが改善すれば利 上げ時期はずっと早くなるとも考えている」と述べた。

ボラティリティは上昇

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)は16%上昇の14.06。

S&P500種の業種別10指数は全て下落。エネルギーや素材、情報 技術株の指数が特に下げた。ダウ平均では構成する30銘柄全てが値下が りした。

太陽光発電パネルメーカーのファースト・ソーラーは7.3%安と、 半年で最大の下げ。RBCキャピタル・マーケッツが投資判断を売りに 相当する水準に引き下げたことを嫌気した。アップルやHPなども売ら れた。

エネルギー株ではシェブロンやコノコフィリップスが安い。S& P500種のエネルギー株指数は、業種別10指数の中で最大の下げ。

原題:U.S. Stocks Fall as Better Data, Fed Remarks Boost Rate Bets(抜粋)

--取材協力:Roxana Zega.