NY原油:下落、ドル高で妙味低下-ブレント1カ月ぶり安値

26日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅安。ロンドンの 北海ブレント原油も大きく下げ、1カ月ぶりの安値を付けた。外国為替 市場でドルが上昇し、ドル建てで取引される商品の投資妙味が低下し た。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「ドル は対円で2007年以来の高値に上昇し、本物の強さを見せている」と指 摘。「原油とドルの逆相関性が顕著になった」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前週 末比1.69ドル(2.83%)安い1バレル=58.03ドルで終了。前日はメモ リアルデーの祝日で立会所取引は休場。ロンドンICEのブレント7月 限は1.80ドル(2.7%)下げて63.72ドル。

原題:Oil Drops to 1-Month Low as Link With Dollar Closest Since 2012(抜粋)

--取材協力:Jake Rudnitsky.