NY金:続落、2週間ぶり安値-年内の利上げ観測でドル上昇

26日のニューヨーク金先物相場は続落。2週 間ぶりの安値となった。年内の米利上げ観測でドルが上昇したことが背 景。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジス ト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「連邦公開市場委 員会(FOMC)当局者のコメントはかなりタカ派的で、ドル指数が急 上昇しており、そのため金は大きな圧力を受けている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比1.4%安の1オンス=1187.80ドルで終了。一時 は1185.60ドルと、中心限月としては12日以来の安値をつけた。

銀先物7月限は1.8%下げて16.746ドル。プラチナ先物7月限 は2.1%下落の1124.10ドル。パラジウム先物9月限は0.5%安の781.20 ドル。

原題:Gold Slumps to Two-Week Low as Dollar Gains on Fed Rate Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE