中国でまた1社デフォルト状態へ-珠海中富、全額償還見通せず

中国の飲料容器メーカー、珠海中富実業は28 日に期限を迎える社債償還を全額は履行できない見通しを明らかにし た。

珠海中富実業は25日に深圳証券取引所を通じて、発行額5億9000万 元(約116億円)の社債元本のうち償還可能なのは1億4800万元にとど まる見込みだと発表した。利息3115万2000元は全額支払うとしている。 同社は2012年に表面利率(クーポン)5.28%の同社債を発行。非国有企 業である同社は、中国でコカ・コーラとペプシコに容器を供給してい る。

招商銀行の劉東亮シニアアナリスト(上海在勤)は「中国経済が不 安定なため、同国企業の信用状況は悪化しつつある。向こう数カ月でさ らなるデフォルト(債務不履行)状態が発生するだろう。最悪期はまだ これからだ」と述べた。

珠海市を本拠とする珠海中富実業は21日、銀行団に5億元の融資供 与を申請したが拒否されたと発表した。

原題:China Beverage Bottle Maker Says It Will Miss Full Bond Payment(抜粋)

--取材協力:Stephen Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE