ブラジル税務当局、スイスに資金預けたHSBC顧客を調査

英銀HSBCホールディングスの顧客に関す るデータを調査しているブラジル税務当局は、約10年前に同行のスイス 口座に資金を預けていたブラジル人顧客に法律違反がなかったかどうか の検証を進めている。

ブラジル連邦歳入庁は電子メールで25日配布した声明で、フランス 当局との取り決めを通じて入手したデータを見直したところ、2006年末 時点で計1702口座に54億ドル(現行レートで約6570億円)が預けられて いたことが判明したと発表した。

声明によれば、連邦歳入庁は同庁と仏側のデータの照合作業を進め ているほか、マネーロンダリング(資金洗浄)などの金融システムへの 犯罪の有無を調べるため、ブラジル中央銀行に協力を要請した。また、 歳入庁はこうしたHSBCの顧客の中に政治的なつながりを持つ公務員 などがいるかどうかについても特定を進めている。

HSBCは同日発表した資料で、この税務問題は8年余り前のもの であり、既に大きく見直した事業が中心になっていると説明。スイスの プライベートバンクは全体の口座を減らし、コンプライアンス(法令順 守)の人員を2倍強に増やしたとコメントした。

原題:Brazil Examines HSBC Clients Who Put $5.4 Billion in Switzerland(抜粋)