魚が緑色に光ったら要注意-中国の「食の安全」で最新手法

有毒物質に触れると緑色に光り、変形する小 さな魚が、中国での製品の安全性向上に向けた最先端の取り組みの一つ として登場した。

中国の著名ベンチャーキャピタリストが支援する香港の新興企業バ イタージェント(インターナショナル)バイオテクノロジーは、魚を使 って1000種類を超える有毒化学物質を検出できる手法を開発したと発表 した。病気を引き起こす汚染物質を医薬品や食品などのメーカーが特定 するのに役立つ可能性があるという。

この技術は遺伝子を組み替えたゼブラフィッシュの稚魚と特殊な方 法で発育に影響を与えたメダカを利用しており、人体に有害となり得る 物質を事前に調べることができる。バイタージェント共同創業者のエリ ック・チェン氏によると、費用は300ドル(約3万6500円)で、検査期 間は2日程度。この手法によって製品の安全確認作業を迅速化できる可 能性があるとしている。

オーストラリアのモナシュ大学ヒューマンヘルス・リスクアセスメ ント豪センターの毒物学専門家ブライアン・プリーストリー氏は、「大 量の毒物を迅速に検査するために魚を使うのは適切だ」と述べた。同氏 はバイタージェントの開発に携わっていない。

バイタージェントの共同創業者シュエピン・チェン氏によると、同 社が検査用に開発した魚は特定の毒物に触れると緑色に光り、一部の有 害な化学物質にさらされると尾などに異常が生じる。

同社創業者らは特に食の安全分野にこの技術を適用しようと考えて いる。中国では一部の商品に信頼性が乏しい。エリック・チェン氏は 「10年前には食の安全に本当の意味で注意を払う人はいなかったが、今 では誰もがそれを最優先に考えている」と述べた。

原題:Green-Glowing Fish Are China’s Latest Product-Safety Protectors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE