米メモリアルデーのバーベキュー割安に-豚肉値下がりで

米国では25日のメモリアルデー(戦没者追悼 記念日)の祝日からバーベキューシーズンが始まるが、他にも人々がバ ーベキューパーティーを開きたがる理由がある。それは、豚肉価格の値 下がりだ。

米国では昨年、ウイルス感染の拡大で数百万頭の子豚が死んだこと を受け、畜産業者が飼育数を増やした。飼料となる穀物の価格下落も業 者にとって有利に働いている。豚赤身肉価格は過去1年間で33%下落し た。豚肉の値下がりで需要が刺激されているため下落は続かないと、ヘ ッジファンドは予想している。

ハース・パティオ・アンド・バーベキュー協会によると、米国では メモリアルデーの祝日には7月4日の独立記念日に次いで盛んにバーベ キューが行われる。値下がりしているのはベーコンとポークチョップ (豚の骨付き肉)だけではない。ブルームバーグが小売価格を集計した ところ、アイスクリームやポテトチップなどパーティー用食材7品目で 構成する指数は昨年10月以来の低水準となっている。ウェーバー・ステ ィーブン・プロダクツの調査によると、米国人の3分の2以上が屋外用 グリルを保有している。

ライブストック・マーケティング・インフォメーション・センター (コロラド州)の農業エコノミスト、ジェシカ・サンプソン氏は「メモ リアルデーには人々はグリルを屋外に持ち出す。市場では豚肉が通常よ り多く供給されており、それによって価格が押し下げられている。値下 がりにより消費者の購買意欲が高まっているのは確かだ」と述べた。

ポークチョップの小売価格は過去最高値に達した昨年10月以 降8.6%下落。ベーコンはピークだった6月と比較して15%値下がりし ている。サンプソン氏によれば、ライブストック・マーケティング・イ ンフォメーション・センターの需要指数は今年1-3月(第1四半期) に、前年同期比で約17%上昇した。

原題:Thank Bigger Pig Herds for Making That Memorial Day BBQ Cheaper(抜粋)

--取材協力:Jeff Wilson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE