サウジ、シーア派モスクで自爆テロ-「イスラム国」犯行表明

更新日時

原油資源豊富なサウジアラビア東部にあるイ スラム教シーア派のモスク(礼拝堂)で22日、自爆テロが起きた。金曜 礼拝中の信者ら少なくとも19人が死亡。過激派組織「イスラム国」が犯 行を表明した。

国営サウジ通信(SPA)が伝えたところによると、爆発が起きた のはカティーフのクデイという町。イスラム国はツイッターで犯行声明 を発表した。国営テレビのアルアラビーヤは19人が死亡、100人前後が 負傷したとしている。

原題:Suicide Bomb Strikes Saudi Mosque as Islamic State Claims Attack(抜粋)

--取材協力:Dana Khraiche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE