中国株:深圳総合、週間で08年以来の大幅上昇-証券株高い

更新日時

22日の中国株式相場は上昇。深圳総合指数が 週間ベースで2008年以来の大きな上げとなった。政府がテクノロジー関 連支出を拡大するとの観測が広がったほか、国泰君安証券が新規株式公 開(IPO)計画を明らかにしたことから証券株が値上がりした。

深圳市場では小型株の指標である創業板(チャイネクスト)指数の 構成銘柄で最も大きなウェートを占める楽視網信息技術(北京、300104 CH)が値幅制限いっぱいの10%高。

国泰君安傘下の国泰君安国際(1788 HK)は香港市場で上場来高値 を更新。華泰証券(601688 CH)は上海市場で4.4%高。同社が香港で45 億ドル(約5400億円)規模のIPOを実施する計画だと、事情に詳しい 複数の関係者が明らかにした。国信証券(002736 CH)は深圳市場で 7%高。

深圳総合指数の終値は前日比1%高の2740.92。週間上昇率は12% と、08年11月以来最大。上海総合指数は前日比2.8%高の4657.60で終 了。CSI300指数は同2.3%高。

正徳人寿保険の運用担当者、呉侃氏(上海在勤)は「深圳市場には 投資家が中国のニューエコノミーの一角と見なす中小企業銘柄が多い」 と指摘。「深圳株のパフォーマンス改善はそのためだ」と述べた。

香港市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が前日比2.1%上昇し、4日以来の高値で引けた。ハンセン指数は 同1.7%高。

原題:Chinese Stocks Rally as Shenzhen Completes Best Week Since 2008(抜粋) Hong Kong Stocks Erase Weekly Decline as Belle Leads Advance