中国本土・香港間での投資信託の越境販売、7月1日に開始

中国本土と香港の間で投資信託の越境販売が 7月1日に始まる。中国では株高が続いており、世界の資産運用会社に とっては本土資金の呼び込みがしやすくなる。

中国と香港の監督当局が22日発表した共同声明によれば、当初の投 資枠は双方それぞれ3000億元(約5兆8500億円)。投資信託の審査方法 は今後確立するという。

中国では家計貯蓄が約8兆ドル(約966兆円)に上るものの、資本 規制は厳しいままだ。今回のプログラムにより外国の資産運用会社は中 国の貯蓄市場への新たなアクセスを得ることになる。昨年始まった上海 と香港の証券取引所接続では本土の投資家は上海証取経由で香港株を、 海外投資家は香港証取を通じ本土株を買い入れることができるようにな っている。

正徳人寿保険の運用担当者、呉侃氏(上海在勤)は「さらなる国際 化だ。2つの市場の統合が進み、投資スタイルとメンタリティーの点で 一段とまとまっていく可能性がある」と述べた。

原題:China-Hong Kong Cross Border Mutual-Fund Sales to Start July (1)(抜粋) MORE: China-H.K. Funds Recognition Quota to Start at 300b Yuan

--取材協力:Zhang Shidong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE