金生産は今年がピークか-体力弱い産金会社、降参の見込み

金生産は今年、ピークに達する見通しだ。

ロシア2位の貴金属採掘会社ポリメタル・インターナショナルのビ タリー・ネシス最高経営責任者(CEO)によれば、金の強気相場が12 年間にわたって続いたことから産金量は過去最高に達したが、相場 は2012年に下落、活況期に生産を増やした産金各社がようやく価格回復 の希望を捨てるとみられるため、産金量は減るもようだ。

ネシスCEOはロンドンでのインタビューで、「われわれは体力の 弱い企業が降参するのを待っている。CEOの多くは依然として、もう すぐ幸運が訪れるという見込みのない希望を抱き続けている。産金量は 今年、わずかに伸びるだろう。来年減少するのは間違いない」と述べ た。

投資家と一部の企業幹部は高コストの金を大量に生産している産金 会社を非難している。チャンネル諸島を拠点とし、アフリカで鉱山を運 営するランドゴールド・リソーシズのマーク・ブリストーCEOは昨 年、産金業界は自己統制を欠き、価格に打撃を与えていると指摘し た。2013年には金需要が15%減少して5年ぶりの低水準となる一方、産 金量は過去最高の3114トンに達した。

ネシスCEOによれば、価格上昇を下支えするには産金量は少なく とも2%減る必要があるが、1-3月(第一四半期)には前年同期比で 約2%増えた。鉱山の閉鎖が困難であることやエネルギー価格が低水準 にあること、希望的観測が大き過ぎることが対応の遅れにつながってい る。

同CEOは「遅かれ早かれ一部の金山の操業は停止されるだろう。 閉山を余儀なくされるケースが増える」との見通しを示した。

原題:Peak Gold Seen This Year as Mining’s ‘Weaklings’ Bite the Dust(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE