NY原油:続伸、バレル60ドル台を回復-在庫減少を好感

21日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸。前日の統計で 米在庫減少が明らかになったことを受け、供給超過緩和への期待が広が った。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「市場 では在庫減少という正常なトレンドへの期待が高まっている」と指摘。 「これまでは在庫が貯蔵能力の限界に達する可能性が心配されていた」 と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比1.74ドル(2.95%)高い1バレル=60.72ドルで終了。月初から は1.8%の値上がり。

原題:Oil Rises Second Day as U.S. Supply Data Signal Glut May Ease(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE