米中古住宅販売:4月は年率504万戸、予想外に減少-価格上昇

米中古住宅販売は4月に予想外に減少した。 住宅市場の回復が平たんではないことが示された。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した4月の中古住宅販売件数 (季節調整済み、年換算、以下同じ)は、前月比3.3%減少の504万戸。 前月は521万戸と、約2年ぶりの高水準だった。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想の中央値は523万戸への増加だった。

中古住宅価格(中央値)は21万9400ドルと、前年同月比8.9%上 昇。2014年1月以来で最大の伸びを示した。

中古住宅在庫は前年同月比で0.9%減の221万戸。販売に対する在庫 比率は5.3カ月と、前月の4.6カ月から上昇した。NARによれば、5カ 月未満の販売在庫はひっ迫している水準と考えられている。

一戸建て住宅販売は前月比3.7%減少して年率443万戸。集合住宅は ほぼ変わらずの61万戸だった。地域別では全米4地域のうち3地域で減 少。特に南部では6.8%減少した。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Sales of Previously Owned U.S. Homes Unexpectedly Decline (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE