米SEC:五輪への公務員招待は違法-BHPは30億円支払へ

米証券取引委員会(SEC)は20日、世界最 大の鉱山会社、オーストラリア・英系のBHPビリトンが2008年の夏季 五輪北京大会にアフリカとアジアの公務員を招待し、汚職防止法に違反 したと発表した。

SECはBHPが政府当局者176人に対し1人当たり1万2000-1 万6000ドル相当の接待を行ったと主張。SECの声明によれば、BHP はこの問題を決着させるため、2500万ドル(約30億円)を支払う。

SECは、こうした行為が法律に抵触することについてBHPは社 員教育を怠ったと指摘。BHPのアンドルー・マッケンジー最高経営責 任者(CEO)は是正措置を講じ、新たなコンプライアンス(法令順 守)プログラムを開発したとコメントした。

BHPはSECとの合意において、不正行為について認めても否定 してもいない。同社によれば、豪連邦警察による捜査は継続中。

原題:BHP’s Beijing Olympics Outings Broke Bribery Law, SEC Says (2)(抜粋)

--取材協力:Jesse Riseborough.