ブラジル株:上昇、ペトロブラス高い-景気懸念で銀行株は下落

21日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が上昇。ただ、雇用指標が市場予想よりも悪い数字だったため、 ブラジル経済が1990年以来で最も深刻なリセッション(景気後退)に向 かうとの観測が高まり、銀行株は下落した。

4月の失業率はアナリスト予想を上回った。失業率はルセフ大統領 の1期目には過去最低水準に低下していた。国内総生産(GDP)指標 も予想を上回るマイナス成長を示す数字となった。バス製造のマルコポ ーロが2.3%下げるなど、内需関連株が売られた。ブラデスコ銀行 は1.7%安と、銀行株の下げを主導した。

ボベスパ指数は前日比0.4%高の55112.05で終了。指数を構成す る66銘柄のうち34銘柄が下落した。指数は一時0.7%下げていたが、原 油相場高に伴いブラジル石油公社(ペトロブラス)が4.3%上昇したこ とでプラス圏を回復した。

原題:Brazil’s Deeper Contraction Sinks Lenders as Petrobras Advances(抜粋)

--取材協力:Ney Hayashi.