米HP:サーバーなどの中国事業、過半数を清華に売却

米ヒューレット・パッカード(HP)は中国 で手掛けるサーバーやストレージなどに関連した事業資産について、持 ち分の過半数を同国の清華大学に23億ドル(約2790億円)で売却した。

清華大学が出資する清華ホールディングスは、新たに設立される企 業H3Cの株式51%を取得する。21日の共同発表資料によれば、H3C の価値は手元資金と債務を除いたベースで45億ドルとしている。

これによりH3Cは、清華ホールディングス傘下の上場企業である 紫光集団の子会社となる。

原題:HP Sells Control of China Units for $2.3 Billion to Tsinghua (2)(抜粋)

--取材協力:Tim Culpan、Jonathan Browning.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE