21日のインド株式相場は反落。タタ・スチー ルの四半期赤字が予想を上回る規模だったことから、金属株が売られ た。

タタ・スチールは5週間ぶり安値を付けた。インド最大の精銅会社 ベダンタは4営業日ぶりに値下がり。国内最大の民間銀行である ICICI銀行は約1週間ぶりの大幅下落。公益事業大手のNTPCと タタ・パワーも売られた。

指標のS&P・BSEセンセックスは前日比0.1%安の27809.35で 終了。一時0.3%上げ、0.5%下がる場面もあった。インフレ鈍化でイン ド準備銀行(中央銀行)には今年3回目の利下げを実施する余地が生ま れたとの観測を手掛かりに、前日は1カ月ぶり高値を付けていた。次回 の政策決定会合は6月2日に開催。

原題:Indian Stocks Decline as Tata Steel Tumbles on Quarterly Loss(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE